ブログblog

2019/02/03
福山市でリフォームをしたい!フローリングを無垢材にできる?

福山市でフローリングを無垢材にリフォームしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
新築ではなくリフォームでフローリングを全面無垢材に替えるのは可能なのかどうかも気になるところですよね。
今回は無垢材をつかったリフォームは可能なのか、そして張り替え費用や無垢材の特徴についてご紹介していきます。

 

□フローリングを無垢材にすることは可能なのか

結論から言うと、可能です。

フローリングの全面無垢材にリフォームするとなると、必要となる材料費や張り替え費用が一般的なフローリングのリフォームと異なってきます。

 

*集合材と無垢材のリフォームの際の価格差

一般的に6畳で張り替えの場合、全て含めて14万円~16万円がかかる費用相場となっています。
これが無垢素材となると、費用相場が14万円~18万円に変わり、一般的な相場よりも2万円ほど高くなります。

 

□無垢材の材料費を左右する要素

*樹木による違い

無垢材には大きく分けて広葉樹と針葉樹があり、広葉樹が割高となっています。

 

*グレードによる違い

無垢材の中でも広葉樹にはグレードが決められており、そのグレードは心材か辺材かという見た目でつけられているので、性能に違いはありません。

 

*フローリングの幅による違い

同じ樹木で、同程度のグレードでも、幅広のフローリングを生産するためには年月が必要なため、フローリングの幅が広いほど費用は高くなります。

 

*フローリングの長さによる違い

フローリングの長さを一枚の板にするか、短い板を縦方向に繋ぎ合わせたものにするかで費用が変わってきます。
フローリングの幅と同様に、長ければ長いほど1本の丸太から生産できる量が少ないので費用が高くなります。

 

□無垢材の特徴

*肌ざわりの良さ

無垢材は丸太から切り出したままの自然な状態の木材なので、フローリングを裸足で歩いたり、横になることで自然を感じたりすることができます。
安らぎと心地よさを感じさせてくれる無垢材を使ったリビングは、リフォーム後の安らぎの場所になってくれること間違いなしです。

 

*室内の温度・湿度をコントロール機能

天然木は熱伝導率が低いので、外の環境の急激な気温の変化を室内に持ち込みません。
また室内の余分な水分を吸収したり、湿気や乾燥を防いでくれたりします。

 

*アンティークの風合い

年月を重ねるごとに深い飴色に変化し、木目がなじんでくる様子を楽しむことができます。
アンティークを家に備えたような感覚を味わえるのが天然の無垢材だからこそ味わえる贅沢だと言えます。

 

□まとめ

この記事では、フローリングを無垢材にリフォームする際の費用や特徴についてご紹介してきました。
毎日肌に接するフローリングが天然素材であることは日々の暮らしに安らぎを与えてくれますよね。
フローリングを無垢材にリフォームするかどうかの参考として、この記事を読んでくださると幸いです。

ご相談・お問い合わせ
についてcontact

まずはお気軽に
『聞きたいことがあるのですが…』
とお電話ください。

TEL /0120-509-888

TEL /0120-509-888

受付時間 10:00〜18:00 / 水曜定休