ブログblog

2018/11/04
注文住宅で自然素材を使うメリットとその効果をお教えします。

注文住宅を購入するとき、住み心地のよさを考えることは重要な要素かと思います。
間取りや設備を工夫して住み心地のよい住宅にしていくことは誰もが考えることではないでしょうか。しかし、それ以外にも重要な要素として、住宅建築に使う素材があります。なかでも自然素材を使うことをおすすめします。
化学物質に頼った住宅ではなく、木材などの自然の素材を駆使した住宅にすることで快適さを実現できます。
今回は自然素材の中でも無垢材と漆喰を使用することの効果・メリットを伝授して行きます。

 

⬜︎無垢材の魅力

無垢材とは加工や合成材を使わずに、意図した形を丸太から切り出した木材のことを指します。
別名天然材とも言われる無垢材は樹種によって異なりますが、空気を多く含む分、断熱性や保湿性に優れています。
同じ無垢材でも柔らかい材質であれば、弾力性に優れ、床に適しており足の負担を軽減してくれます。
また湿気の多い季節には湿気を吸収し、乾燥している日は湿気を放出します。
そのためいつでも室内環境を快適に保つことができます。
また木材といえば火に弱いと言うイメージがあるかもしれませんが、むしろ逆です。
無垢材は耐火性に強く、火事などの不測の事態にも火が燃え移りにくいです。

 

⬜︎漆喰の魅力

漆喰とは瓦や石材の接着剤や壁の上塗りに用いられるもので、消石灰を主成分としています。
中でも沖縄の珊瑚から誕生した漆喰は、長い年月をかけて海底に堆積した風化造礁珊瑚のコーラル(南部石灰石)を用いており、様々な効果があります。有害な化学物質を吸収し、調湿性や消臭性、断熱効果に優れています。
仕上がりは温かみのある柔らかなものになり、洋風や和風テイス卜の空間にもよく似合います。
また、スイス漆喰では壁の白さを維持するために太陽の紫外線に反応して汚れを分解する働きもあります。
カビやウイルスを殺菌し、イヤな匂いを分解してくれます。

 

⬜︎最後に

今回は自然素材の中でも無垢材と漆喰についてご紹介して来ました。
多くの住宅では化学物質を含む素材を使用していて、成長段階のお子さんがアレルギーを発症したりする場合があります。
しかし、自然素材はそういった心配がなく、木の香りや温かみを感じることができ、調湿作用で快適な暮らしを実現することができます。
自然素材住宅であれば、お年寄りからお子さんまで安心して、のびのび生活することができるでしょう。
ぜひ自然素材住宅も住宅選びの選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

ご相談・お問い合わせ
についてcontact

まずはお気軽に
『聞きたいことがあるのですが…』
とお電話ください。

TEL /0120-509-888

TEL /0120-509-888

受付時間 10:00〜18:00 / 水曜定休