ブログblog

2018/10/31
福山市で新築一戸建てを検討中の方!消費税増税の影響を教えます。

これから新築住宅購入をお考えの方にとっては、増税の影響については知りたいですよね。
住宅購入は人生の中で最も大きな買い物になりますし、契約から入居まで長い期間を要します。
その期間で消費税10%が導入される2019年10月を跨ぐ予定の方も多くいると思います。
今回はそのような方に向けて、消費税増税が新築住宅購入にどのような影響を与えるのか説明していきたいと思います。

 

⬜︎消費税率増税について

消費税率は来年2019年10月に8%から10%に引き上げられます。
それに伴い、住宅購入においても19年10月以降に引き渡しの場合に増税が適用されるようになります。
「2019年10月なんかまだ先だから大丈夫!」と思っている方、油断禁物です!
契約から引き渡しの期間は購入する住宅のタイプにも寄りますが、数カ月から1年以上かかるものまであります。
準備には多くの手間がかかります。
そのため今のうちから行動しておくことがオススメです。

 

⬜︎住宅購入と増税について

先述では19年10月以降の「引き渡し」の場合に増税が適用されると説明しました。
既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「契約」が10月以降ではありません。
9月30日までに引き渡しということは、その数カ月前までには契約を終えていなければなりません。
ここで言う契約とは「建築請負制度」のことを言います。
消費税8%のうちに購入するためには、この契約を2019年3月31日までに結んでおく必要があります。
そうすれば10月以降に引き渡しになった場合でも税率8%のまま住宅を購入することができます。

 

⬜︎建築請負契約について

一言で説明すると、住宅を建築する前に結ぶ契約のことです。
あなたがどのようなデザインにするか・どのような条件で建ててもらうかのプランを建築会社と計画し、設計図も完成させた状態で契約が成立します。
もちろん注意しなければならない点もあります。
それは契約後の大きな変更はできないことです。
そのため、契約前に十分に話し合う必要があります。

 

⬜︎最後に

ここまで新築購入における消費税の影響についてご紹介して来ました。増税は大きな費用負担になるので、増税前にできるだけ購入しましょう。
まだ1年あるからまだ大丈夫と考えるのではなく、あと1年しかないと考えて早め早めに行動して行きましょう。
住宅購入には予想以上の多くのステップがあります。
まずはお近くの不動産で相談することから始めるのも良いかと思います。

ご相談・お問い合わせ
についてcontact

まずはお気軽に
『聞きたいことがあるのですが…』
とお電話ください。

TEL /0120-509-888

TEL /0120-509-888

受付時間 10:00〜18:00 / 水曜定休