小さい子供がいても安心出来る、子育てがしやすい家にしたい

質問

家づくりを考えているのですが、小さい子供がいるので子供にとって安全な家を建てたいと考えています。
建物の金額や間取り、設備ももちろん大切なのですが、できれば子供たちが成長しても生活しやすい住宅にしたいです。
リビング階段や、両親の目の届くところで子供が勉強出来る間取りをつくると良いという話は聞いたことがあるのですが、そうした、子育てする上での安心・安全や子供の健康に良い家づくりをするにあたって、どのような点に気を付けると良いのでしょうか。また、子供の成長に合わせて間取りを変えられる住宅にしたいのですが、最初から将来の間取りの変化を想定した家づくりをすることは可能なのでしょうか。
親としても家の中のどこに子供がいても目の届く家づくりができれば安心出来るなという思いがあります。そ
ういった間取りにしたい場合、具体的に気を付けるべき点はあるでしょうか。

回答

子育て世代のご両親にとっては、子供にとって安全、安心な家づくりをしたいという思いを持った方は多いと思います。こうした方々に最初におすすめしたいのが、子供が過ごす時間の多い「リビングダイニング」や「子供部屋」にこだわるということです。
具体的には、リビングダイニングにおいては、母親のいるキッチンを中心にして、リビングダイニング全体を見渡せるオープンキッチンにするという点や、リビングダイニングの上を吹き抜けにして、2階の子供部屋からの音が聞こえる間取りにするといったものがあります。おっしゃっているようにリビング階段にしたり、親の目の届くところで勉強させたりするためにリビングダイニングに勉強スペースをつくることも効果があるでしょう。
また、リビングダイニングで子供が長い時間を過ごすことによって、どうしても物が増えてしまい、ちらかってしまうということがあるので、リビングダイニングには広めの収納スペースを設けておくと良いでしょう。
子供部屋に関しては、小さい内は5~6畳の部屋2つをくっつけて10畳~12畳の部屋1つにしておき、家族全員の寝室に。そして、大きくなって個室が欲しいと言い出したら2つの部屋の真ん中で間仕切りが出来るように入口と収納をそれぞれ設けておく間取にすることができます。(さらに、子供が独立して夫婦だけの家になった時にはもとの1つの部屋に戻すことも自由です。)
さらに、例えば子供がつくった工作や金魚等の生き物を飼うスペースを設けたり、クリスマスツリーやひな人形のように季節毎のイベントを楽しめるスペースをあらかじめ設けたり等、なんでも楽しめるフリースペースのような空間をつくっておくと家族の触れ合いがより活発になります。
このようなフリースペースはできればリビングダイニングと面したスペースに設けられると良いでしょう。
やはり、お家にいる時の家族の中心はママです。ママがキッチンにいながら、リビングダイニングにいるパパや子供達の動きを見渡せる間取にすることが、小さい子供がいても安心出来る子育てしやすい家づくりに必要なことでしょう。


シェアする