ハウスメーカーと工務店って何が違うの?

質問

家づくりを考えているのですが、工務店とハウスメーカー、どちらにお願いするのが良いのでしょうか。
工務店は価格が安いという話は聞いているのですが、人手不足で工事が進まなくなったり、建築途中に倒産してしまったりすることもありそうで、少し怖いなと感じてしまいます。そういうことって実際にあるのでしょうか。また、ハウスメーカーは安心感があるのですが広告費や人件費が家の価格に乗っているという話を聞くともったいない気もします。私は家づくり自体にはそこまで深いこだわりはなく、できるだけ安い価格で永く住める(安心できる)家を建てられたらなと考えているのですが、私のような人間の場合、工務店とハウスメーカーどちらが良い、というのはあるでしょうか?
できれば、工務店とハウスメーカーそれぞれのメリットとデメリットも含めて教えてもらえると嬉しいです。

回答

工務店とハウスメーカーどちらを選ぶのが良いか、という質問ですが、このように最初の段階でどのような業者に家づくりをお願いするのかを決めていくのは重要なことです。
ひとまず、工務店とハウスメーカーのメリットとデメリットについて考えていきましょう。
まず、工務店のメリットですが、地元密着型で地元の評判を大切にする、地元ならではの特徴なども良く理解しているという点が挙げられます。また、ハウスメーカーのように営業とプラン担当、現場担当と分業されていないことが多く、最初から最後まで同じ担当で、きめ細かい対応を受けることができるといった点。さらにハウスメーカーには商品ごとに標準仕様とオプションがあり、その制約の中での家づくりなのに対して工務店の家づくりは基本的にお金さえあればどんな内容も実現できるという点があります。
また、なにより広告や人件費に多くの金額を割かないため比較的安価な価格で家づくりをすることができます。
一方、ハウスメーカーのメリットですが、会社の規模が大きく、社会的な信用がある点、そのため金融機関に提携先があり、住宅ローンが組みやすいといった点が挙げられます。また、商品ごとの標準仕様とオプションという制約の中から選択するという形が多く、同じタイプの資材が大量生産されるため、高品質の素材が比較的安価に入手できるという点や、モデルハウスやショールームを見ながら計画を進められるためイメージがしやすいといったメリットがあります。
以上のように主にメリットについてお伝えしましたが、工務店のメリットの逆が、ハウスメーカーのデメリットに、ハウスメーカーのメリットの逆が工務店のデメリットになると考えて良いでしょう。
以上のことを踏まえて回答させていただくと、まず工務店は工事がストップしたり、倒産したりする可能性があるという点は、確かにハウスメーカーよりも可能性が高く、注意する必要があるでしょう。また、ハウスメーカーの建築費に人件費や広告費が乗っているという点もその通りでしょう。
そして、家づくり自体にそこまでこだわりはなく、できるだけ安価で安心できる家づくりをしたいとのことですが、家づくりにこだわりがないというのであれば、決まった形で一定の品質が保証されているハウスメーカーがおすすめですし、できるだけ安価でつくりたい、ということであれば工務店も候補に上がるでしょう。
工務店、ハウスメーカーそれぞれの特徴を踏まえて、自分がどのポイントを優先したいかという点をはっきりさせる必要があります。


シェアする