神辺町の夢ハウスモデルIIに壁部分のセルローズシートの施工をさせていただきました。夢ハウスモデルIIは大きさが一般的な住宅の倍近い延べ床面積かつ、吹き抜け勾配天井、小屋裏収納、真壁造りなど普段のセルローズシートの施工とは一風変わった施工となりました。
 画像は玄関の框といわれる部分の造作の様子です。セルローズシートの施工中、大工さんは玄関框の組み付け、1F、2Fの床貼り等を中心に造作されており非常に繊細で丁寧な仕事をなさっていました。


 画像は2F子供部屋から吹き抜けに向けてのセルローズシート施工完了状況です。真壁のお部屋となります。
 真壁造りとなるため柱、梁などが完成後も露出した状態となるため傷が入らない様、柱、梁に養生材が多めに取り付けられています。
 ※真壁造り:和風建築に使われている伝統的な壁の構法の一つ。構造躯体として使う柱を表面に露出させ、柱と柱の間に壁を納める方式。


 こちらは小屋裏収納部分のセルローズシート施工完了状況です。こちらも真壁のお部屋になります。
 2Fの一部が小屋裏の横に吹き抜け状態になっておりセルローズシートの施工難易度も高かったです。


 こちらは1Fリビング付近のセルローズシート施工完了状況です。
 すでに養生がなされていますが、床には米松の無垢材が貼られています。


 こちらは1F和室付近のセルローズシート施工完了状況です。
 こちらも真壁造りのお部屋となります。


 こちらはサッシ隅の造作の様子です。
 無垢材が多用された真壁造りの美しい造作、完成が楽しみな建物ですね。

 工務部施工課 こばたけ