御幸町のM様邸に行ってまいりました。現在基礎工事中、画像は鉄筋の組み立てが終わり外周の鋼製型枠が組みあがってまさにベースコンクリートを打設する前の状況です。


 基礎屋さんは止水板を組み付け中。
 ベースコンクリート打設後に立ち上がりコンクリート打設の為の内枠を組み立て、立ち上がりコンクリートを打設するのですが、ベースコンクリートと立ち上がりコンクリートの打ち継ぎ目から侵入水が無い様にする部品です。


 鋼製型枠と鋼製型枠の継ぎ目に突起のような部品が出ているのがわかるでしょうか?基礎型枠の外周部はベースコンクリートを打設後、取り外したりせず立ち上がりコンクリート打設時の外枠としても使用するので、立ち上がりコンクリート打設時の衝撃や振動で型枠が動いてしまわないようにベースコンクリートに型枠を固定するための金具となります。


 こちらは設備配管を行うためにあらかじめ基礎コンクリートの中に打ち込んでおくフレキパイプ(白)、UVパイプ(灰)になります。フレキパイプは給水管、UVパイプは排水管として使用します。

 工務部施工課 こばたけ