御幸町のM様邸にて地縄を張ってまいりました。
 地縄とは工事着工の為に建築予定地へ建設予定の建物の形に縄を張って、土地に対しての建物の配置などを確認、決定していく作業となります。
 また、地鎮祭を行う際 祭壇の配置位置の目安にしたり、地盤改良工事や基礎工事の際 丁張設置や床掘の目安にも利用されます。


 これは地縄を張り終わった後、各部の寸法を確認しているところです。


 地縄そのものは白いPPロープ(荷造り等に使用されるもの。)などを使用して、建物の角と角の間の距離を計算して大きな三角形を複数作るように位置出しを行っています。


 今回は地縄を張った直後に御施主様に現地立会いしていただき建物の配置確認、自動車を駐車した際のドアの使い勝手など確認していただきました。
 実際の大きさで確認していただくとイメージもつかみやすい様で建物の配置について承認いただきました。

 工務部施工課 こばたけ