尾道市高須町のT様邸にて気密測定を行ってまいりました。
 画像の右下にあるラッパ状の吸出し口から外に建物内の空気を吸い出し、建物の内と外の気圧差が9.8Pa(パスカル)の際 測定機械を通り抜ける空気の量によって建物の隙間を測定いたします。
 隙間が大きいほど通り抜ける空気の量が多くなりそれが数値としてあらわれるわけです。

 住宅メーカーではC値( C値=家全体の隙間の合計(c㎡)÷延床面積(㎡) )として管理しています。

 今回の測定結果はC値=0.○○ という驚きの数値でした。建物全体の小さな隙間を合わせても名刺の2/3ほどの隙間しか無い様な数値です。<詳しい数値は担当にお尋ねください。


 先日、現場に持ち込んだ造作建具も取り付けられていました。
 2Fはプラスターボード張りがほとんど終わり、1Fもあと少しのプラスターボード張りと棚等の造作を進めています。また、外部は外壁のサイディングを貼り付け中です。

 工務部施工課 こばたけ