新涯町1丁目の分譲地造成工事にいってまいりました。現在、可変側溝といわれる道路側溝を設置中です。
 設置するコンクリート二次製品の側溝(П型をしています。)の内側にあと施工にてインバートコンクリートを打設することにより側溝の設置勾配と中を流れる水路の勾配を変えることができる事から可変側溝と呼ばれます。
 画像に写っている側溝はコーナー部分の可変側溝になりますので、より慎重に据え付ける必要のある部分になります。


 こちらは、可変側溝を据え付ける前に施工する基礎コンクリートになります。
 基礎コンクリートの上に正確に可変側溝を据え付けます。


 こちらは可変側溝を据え付けたところです。すべての可変側溝を据え終えたところで一気にインバートコンクリートを打設します。
 可変側溝の縁が民地と位置指定道路の境界、勾配となるため正確な施工が求められます。

 工務部施工課 こばたけ