新涯町のH様邸にて外構工事の一部として目隠し擁壁を施工いたしました。
 擁壁の道路側表面の部分を化粧打ち放し仕上げとしています。


 最初に擁壁のフーチング(土に隠れる基礎になる部分)の鉄筋を組み立てます。


 鉄筋組立後、フーチング部分のコンクリートを打設、硬化を待って擁壁の壁となる部分の鉄筋を組み立てます。


 そして、擁壁の壁となる部分の型枠を組み立てます。
 今回は道路側の擁壁壁を化粧仕上げとするため浮造り(うづくり)の杉板を型枠の内側に仕込んでいます。


 浮造りというのはプレーナーと言われる切削機械によって木材表面を削ってやることにより、固くて削れにくい年輪の部分と 年輪と年輪の間の柔らかくて削れやすい部分の凹凸を強調しています。
 近くで撮影した画像で凹凸の様子が見えますでしょうか。


 型枠が完成したらコンクリートポンプ車によって型枠内に生コンクリートを流し込みます。


 バイブレータという振動締固め機によって生コンクリートを型枠内に隙間なく充填します。打ち放し擁壁表面の仕上がりにもかかわる重要な作業です。


 コンクリート打設後は凍害や急激な乾燥温度変化によって硬化不良が起こらない様、養生マットというものでコンクリートが露出した部分を覆います。


 型枠を解体すると浮造り杉板の模様が反転された凹凸がコンクリート表面に写されます。
 一風変わった雰囲気のある目隠し擁壁となりました。

 工務部施工課 こばたけ