神辺町に当社の夢ハウス展示場を建築いたします。地鎮祭に備えて地縄張りの作業を行ってまいりました。
 地縄張りとは、建築予定地に建築予定の建物外周の形に縄を張り敷地に対して建物の大きさや位置をわかりやすくする作業です。
 写真が小さくてわかりにくいですが、敷地に建物の形に白い紐を張っています。

 地鎮祭の際はこの建物中央に祭壇を南に向けて北側を背に設置し、祭事を行います。


 本日は建築前の地盤調査も行わせていただきました。
 SDS試験機と言われる円錐状の貫入ロッドを地中に貫入、回転、引き抜きをすることで地盤の強度を地中の深さごとに測定します。建物の四隅と中心について試験を行い地盤改良工事が必要か?そしてその工法、規模について判定します。

 これから、工事が始まる下準備となります。

 工務部施工課 こばたけ