尾道市高須町のT様邸の現場を拝見させていただきました。
現在基礎工事中です。


 水平に固定された木製板、これが遣り方あるいは丁張と言われるものです。
 この遣り方は基礎の大きさや高さの基準となる高さや方向を測量にて求め出し、間に張った糸(水糸)を目安にして基礎砕石や均しコンクリート、そして基礎コンクリートを施工するための鋼製型枠などの位置決めを行います。


 現在は鉄筋を配筋後、外周の型枠を設置しベースコンクリートを打設し終わったところです。
 この後、ベースコンクリートの上に墨出しを行い立上りコンクリートを打設するための鋼製型枠を設置いたします。そのため、立上り部分の鉄筋は露出しています。

 立上りコンクリートが設備配管や床下点検の為 開口となる部分については斜めに補強筋を言うものが施工されています。


 この物件は当社のSATIS仕様となるため、基礎断熱構造となります。基礎内が断熱的に家内となるため基礎においてもベースコンクリートと立上りコンクリートの打継目には止水板と言われる浸入水を防ぐための部品が施工されています。

 基礎工事がここまで進んで、来年はいよいよ上棟になります。楽しみですね。

工務部施工課 こばたけ