沼隈町のK様邸にてセルローズシートの施工をさせていただきました。
この画像は貼り付け前の状況。軸組工法ですが筋交い構造ではなく主に壁構造の建物なので貼りつけ前にはこのように耐力面材が柱の間に見えています。


今日は大工さんがベランダの下地工事。


瓦工事で壁のしと言われる瓦屋根が壁に当たる部分で雨水等が壁側に入らないようにする工事が行われていました。


2F部分のセルローズシート貼り付け状況です。


1F部分のセルローズシート貼り付け状況です。


 これは、エアコンが取り付けられる予定の壁部分です。
 取付を補強するための合板がこの後取り付けられるのですが、セルローズファイバーが吹き込み易い様に補強板の厚み分だけ控えた位置に下地材を取り付けた状態で待っていただいてます。耐力面材を使用した場合、家屋の外側からセルローズファイバーを吹き込むことが出来ないので棟梁のこういう心遣いは大変助かります。

工務部施工課 こばたけ