駅家町のK様邸にてセルローズファイバー断熱材の施工の下準備として、壁の室内側にセルローズシートを施工させていただきました。
 通気性のある丈夫なセルローズシートをエアータッカーと言われる器具を使用して柱に固定していきます。


 これが貼り終わった状態の接写になります。タッカーの施工間隔が約5cmになるようにしています。
 間隔が疎らですとセルローズファイバーを吹き込んだ際、柱とシートの間にセルローズファイバーが挟まってしまったり、また貼り方が緩いと所定の密度に断熱材を吹き込めなくなったりするので慎重に作業をしています。


 セルローズシート、貼り終わりました。
 外装下地が施工された後、セルローズファイバーの吹込みとなります。


K様邸は屋上庭園のあるお家です。現在、ブルーシートで養生されていますが工事が進めば屋上からの展望が楽しめるようになります。

工務部施工課 こばたけ